水道水|京都市のリフォーム・注文住宅は、オフィス・寛合同会社へご相談ください。

  • 電話番号

    0759257251

    受付時間 9:00~21:00/不定休

  • お問い合わせ

ブログ

水道水

その他 

どうも!オフィス・寛合同会社です!

 

2月も終わり3月になりましたね。本当に早かったです、、、

3日少ないだけでこんなに早く感じるんですね。

 

 

今回は水道水と題して書いていきたいと思います。

昨年、12月に改正水道法が可決されました。

この改正の中に水道事業を運営権を民間に売却できる仕組みを導入するなどの内容が含まれています。

これにより水道事業は民営化しやすくなりました。

おそらく数年も経たない内に民営化はされるでしょう。

 

 

 

ではなぜ民営化されるのでしょうか?

この法案の裏には水道管の老朽化や人口の減少などの要因があります。

 

 

 

まず、水道管の老朽化に関しては非常に危険です。

私が生活している足元には膨大な長さの水道管が通っています。

その水道管の写真を見たことある人は知っているかと思いますが酷いものです。

 

引用:http://www.nunomeyukio.jp/blog/wp-content/uploads/2012/10/121025%E6%B0%B4%E9%81%93%E7%AE%A1%

E8%80%81%E6%9C%BD%E7%AE%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B6%88_page0004.jpg

 

 

どうでしょうか?

私たちが使う蛇口から出る水はここを通っています。。

この写真は破裂した水道管ですが、

現在、耐用年数40年以上を超える水道管は約10万㎞だそうです。

おそらく破裂した配管と同じ程度の老朽でしょう。

 

 

こんな所を通った水を飲みたいですか?

私は飲みたくないです。

さらに破裂してしまったら水も止まってしまって大変です。

なので水道管の更新をしたいと思うのは普通なことですが

その更新費用が1㎞辺り1億円以上かかるそうです。

10万㎞を更新しようとすれば単純計算10兆円かかります。

さらに一斉に工事をする訳にはいかないので日本の老朽化している水道管を

全て更新するには130年かかるそうです。

 

 

 

技術の進歩でもない限り途方もない数字です。

更新している途中で最初に更新した物は老朽化しますね、、、

 

 

政府も早急な対応が必要な事は重々承知かと思いますが、

現状、費用も人材は足りておらず非常に困難な状況です。

その為、民営化して企業に資金と人材を分配させて効率よく更新工事を行う考えです。

これが民営化の理由の一つです。

 

 

もう一つの要因として、人口の減少です。

日本の人口が昔より大幅に減少している為、水道料金の収入が減ってしまっています。

水道事業は人口の減少に伴い水道需要が減少しても、運営コストが減るものではないので

コストが変わらず、収入だけ下がってしまうと事業自体が壊れてしまいます。

料金を上げるしか手はないので、ここ4年間で水道料金は上がり続けています。

 

ただ、料金を上げても事業を続けることが困難な状況が続いているので

民営の力を借りようとしているという事です。

 

 

 

水は生活においては欠かせないものです。

阪神淡路大震災の際に水が止まった時は本当に大変でした。

なので、民営の力を借りる事は必要な事かもしれません。

 

 

ただ、やはり問題もあり

その一つとして海外で水道事業を民営化したドイツなどの例を見ると

水道料金が5倍にも跳ね上がったそうです。

今でも上がり続けていますが、例の通りになるともっと高くなります。

生きていく上で欠かせない物なので仕方ない事かもしれませんが

何かいい対策が出てくればと願うばかりです。。

 

 

 

今回は建築とはあまり関係のない話になってしまいましたので

最後に少しだけ住まいと水道を交えた話をすると、

上でも見てもらった通り、日本の水道管はあんな状態です。

ただ、日本の水が世界でみても非常に安全で飲める水なのは間違いないです。

飲める水ですが、飲み続ける事はお勧めしません。

水道管に使用させているアスベストは発がん性物質になったり

鉛は中毒性を持ち人体に様々な障害を引き起こします。

 

 

さらに、日本は水に塩素を混ぜることにより安全な水を守っていますが、

この塩素も取り続けるとよくはありません。

プールなどにも消毒や殺菌の為に塩素を混ぜています。

あれは割合が多いため塩素があると臭いなどでわかりますが、

水道水には微量の塩素をまぜているだけですので、分かる人は分かるとは思いますが、

これには塩素が入っているといわれないと分からないぐらいだと思います。

 

 

マンションなどでは貯水タンクが設けられてそこから各家庭で送られています。

この貯水タンクもネズミの死骸なども混ざったり、綺麗とは言えないものです。

戸建てに送られる水より汚くなっている可能性があります。

 

 

3点とも建物の構造上であったり、安全を守るためであったりと仕方ない事ではあります。

なので家庭に送られてくるまではどうしようもないとしても、色々取れる対策はあるかと思います。

水道水は使用せずにペットボトルを買う・ウォーターサーバーを置く・浄水器を設置するなど。

少し前ですが、国が水道水の事で各家庭での対策を取って下さいと新聞で報じられたことがありました。

私は生まれていなかったのですが、その時は浄水器などがすごく流通したそうです。

 

 

現在もおそらくそれは変わりないと思います。

むしろ。民営化するとなるといい面もあるが、様々な問題も起きると思います。

民営化といっても昔よりしっかりと対策していかなければならないでしょう。

大元は国が絡んでの運営ですが、やはり安全が確実に大丈夫だという保証はなにもないので

個人個人で知識を付け自分を守っていくしかないと思います。

 

 

因みに私は浄水器を長年使用しています。

理由は家の水が綺麗になるのが一番楽ですし、安いです。

さらには水道水が結局一番ミネラルなどは多く含まれているのです。

物にも寄りますが私は浄水器をお勧めします!!

 

 

 

自分の家庭は自分でも守りましょう!!

 

 

お住い、土地、空間など”住”の事なら何でも対応しますので、「こんな家に住みたい」とか「キッチンをもっと綺麗にしたい」など心の隅で考えてはいたけど実現していなかった事があれば、是非相談だけでもお越し下さい!

お客様一人一人のニーズに合ったプランを提案し、計画から実現までお付き合い致します。

あなたの夢のお手伝いが出来るのを楽しみにお待ちしています!

 

 

参照:https://www.google.co.jp/amp/s/www.mag2.com/p/money/598498/amp

 

ページトップへ戻る