店舗・オフィス改装|京都市のリフォーム・注文住宅は、オフィス・寛合同会社へご相談ください。

  • 電話番号

    0759257251

    受付時間 9:00~21:00/不定休

  • お問い合わせ

店舗・オフィス改装

地域の特性や快適さを考えた店舗改装

近年の店舗改装の特徴として、単純に業態だけを考えるのではなく、その地域の特性を生かした内装、働く人の健康に配慮した作業環境も考慮しているケースが増えています。
当社は、店舗改装に強い専門業者と一緒になって、様々なクライアント様と取引をしてきた経験があります。
「何を重視するのか」「今後の展望」などを丁寧にヒアリングし、環境、立地条件、動線を意識した店舗改装を提案。また、照明や棚の設置など小規模な工事も遠慮なくお申し付けください。

店舗でも年月がたてば、色々と問題がでてくるのは当然

古くなった店舗の外観・内観や機能の良し悪しは、お客さまが店舗に抱く印象に直結します。
しかし、住宅の改装ならいざしらず、店舗の改装となるとお客様の評価を受けるため、単純な好みによる改装はできません。店舗全体の雰囲気や売上への影響を考慮した改装を行う必要があります。
そこで効果的なのが、「費用対策効果の高い店舗リフォーム・リノベーション」です。
店舗の場合、リフォームにかかる多額の費用を前に頭を悩ませることになります。しかし、店舗リフォームの目的はあくまでも経営を安定させることであり、リフォームの結果経営が傾くようでは本末転倒です。
必要最低限の投資で、どれだけ効果的な店舗リフォームを実現できるか。当社では、そのポイントを押さえつつ、時代の変化に応じた設備やシステムに対し、いかに抑えたコストで予算配分できるかを常に留意しています。

戦略なしに店舗リフォームをするのは大変危険

店舗の場合、オープンする際に立地や客層など、細かいリサーチを行います。このリサーチは、店舗をリフォームする際にも欠かせない重要な工程のひとつです。
お客様の年齢・性別・職業や、近隣に点在す競合店舗などを調査し、その結果を踏まえた戦略的なリフォームが欠かせません。
店舗が持つコンセプトやイメージを追求することはもちろん大切です。しかし、同じく忘れてはならないのは、来店されるお客様が「居心地がいい」「また来たい」と感じることができるか否かでしょう。
店舗リフォームを行う場合、店を閉める期間が発生します。そのため、経営に大きな影響を及ぼさないよう、可能な限りの短期工事が必須です。安定した店舗運営を目的とするならば、工期予定も含めた戦略的なリフォーム計画を練る必要があります。

理想的な「働き方」を考えるオフィス改装

職場環境は従業員のモチベーションにもつながります。仕事がよりはかどるような、働きやすいオフィスとは一体どのようなものか。経営者の方は日々頭を悩ませているのではないでしょうか。
業務に集中できる静かな環境。やる気が出るような明るく楽しい雰囲気。仕事中でも自然を感じられるようなグリーンあふれるオフィス。休憩スペースが充実しているオフィスなど、従業員に聞いたとしてもその答えは千差万別です。
よくわからないまま改装しても、従業員のやる気を削ぐような結果にならないとも限りません。そこで引き続き、オフィスを改装するにあたり忘れてはいけない大切なポイントについてご紹介します。

オフィススペースの有効活用で、人員増加に対応

人員増加の対策はオフィス移転だけではありません。オフィススペースを見直し、改善するだけでも人員増加に対応出来る可能性があります。総床面積を変えられない場合、フリーアドレスやユニバーサルデザインなどの手段を積極的に取り入れて、利用効率のアップを図ると効果的です。

セキュリティ対策に配慮し、より快適で安全なオフィスへ

現代において、オフィス内で取り扱う個人情報には、最大限の管理能力が求められます。「レベリング」「アクセスコントロール」「モニタリング」の3つのポイントを押さえつつ、限られた予算内でオフィス全体がより効果的なセキュリティ対策を実施できるよう、緻密に練られたプランニングが欠かせません。

コミュニケーションを活性化して業務効率をアップ

部門間・社員同士のコミュニケーションが円滑に取れるオフィスレイアウトは、業務の効率化のためにも重要な要素です。社員の動線や文書管理の手段を考慮したレイアウトを組み、業務の効率化と生産性の向上をはかります。

省エネ器具の採用でエコオフィス実現へ

長寿命で省電力(白熱電球の1/8、蛍光灯の80%)が特徴のLEDを積極的に導入することで、地球の環境問題とオフィスの省スペースに配慮することができます。電力コスト削減ということであれば、日射センサや人感センサを利用し、点灯・消灯・調光を自動化することも効果的です。

店舗・オフィス改装の施工事例

ページトップへ戻る